特定のセルをロック・シート保護する方法【Excel-備忘録#4】

Excel

ゴール

さて今回は、Excelで特定のセルを編集できない状態とする方法についてまとめます。

特定のセルを保護してロックするようなイメージです。

保護したセルを編集しようとすると、以下画像のようにメッセージが表示されて編集できないような状態とします。

目的

なぜ特定のセルをロックするのか??

複数人で編集する際に、好き勝手セルをいじられると困りますよね??その際に必要なのがセルロックです。編集してほしくないセルはロックしてしまい、好き勝手いじられるのを防ぎましょう

学生の方はあまり必要性を感じないかもしれませんが、社会人になると意外と重要なポイントです。

一緒にExcelを開きながら試してみましょう!

手順

青色は編集可能な領域、赤色は編集不可能な領域としてみましょう。

1. ロックしたくないセルを選択してロック解除

まずはロックしたくないセルを選択し、あらかじめロックを解除しておきましょう。今回は青色はロックしたくないので、青色を選択しましょう。

  1. セルを選択して右クリック
  2. 「セルの書式設定(F)…」を選択
  3. 「保護」タブ選択
  4. 「ロック(L)」のチェックを外す
  5. 「OK」を押下

2. シート保護を選択

一通りロックが解除できたら、シート保護を選択します。

  1. 「校閲」タブを選択
  2. 「シートの保護」を選択
  3. 「シートとロックされたセルの内容を保護する(C)」にチェックをつける
  4. 「OK」を選択

こうすることで、ロックを解除していないシートはすべてロック(保護)されます。

3. セルがロックされていることを確認

シートの保護が終わったら、セルがロックされていることを確認してみましょう。

画像のように、青色は編集可能となっていますが、赤色は編集しようとしてもポップアップが表示されて編集ができないようになっているはずです。

まとめ

さて今回は、Excelで特定のセルを編集できない状態とする方法についてまとめました。

簡単な手順も以下にまとめておきます。

セルのロック手順
  • Step1
    ロックしたくないセルを選択してロック解除
    1. セルを選択して右クリック
    2. 「セルの書式設定(F)…」を選択
    3. 「保護」タブ選択
    4. 「ロック(L)」のチェックを外す
    5. 「OK」を押下
  • Step2
    シート保護を選択
    1. 「校閲」タブを選択
    2. 「シートの保護」を選択
    3. 「シートとロックされたセルの内容を保護する(C)」にチェックをつける
    4. 「OK」を選択
  • Step3
    セルがロックされていることを確認

    セルがロックされていることを確認

以上!

前回まとめた記事も読んでいただけると嬉しいです!

Excel以外の勉強記事も是非!

本ページはプロモーションが含まれています。

スポンサーリンク
Excel
ItaItsuをフォローする
Nラボ備忘録

コメント

タイトルとURLをコピーしました